Google
Web セカイノオンガク
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
シラール・プロダクションの20年
オムニバス,サリフ・ケイタ,サム・マングワーナ,ウム・サンガレ,ベンベヤ・ジャズ
ライス・レコード
¥ 4,830
(2009-02-08)
JUGEMテーマ:音楽


とりあえず買い!
サリフの新作、ここのところご無沙汰な気がするが、待ち遠しい感じ
| 犬楠 | 11:22 | comments(31) | trackbacks(272) |
ユッスー・ンドゥール来日公演のご報告
ユッスー・ンドゥール来日公演行ってきました
もう一ヶ月前ですけど(^_^;)
ご報告させて頂きます

ユッスーのファンて若者から高齢の方まで幅広いんだなー、と会場を見渡しながら思う私。会場はほぼ満席でした。

ユッスー登場。ん?痩せてる。イメージの中にあるユッスーは恰幅のいい大男だったはずだが。
しかし音の悪い会場、本当に聞こえずらいし、音が悪い。しかし会場は乗り乗り、2曲目から最後までオールスタンディングで走るユッスーとスーパーエトワールのメンバー達。
約2時間、アンコールもたっぷりで、ユッスーは疲れも見せずに最後まで歌いきった!歌い手としてのユッスーの実力は確認できた、その反面少し寂しさも。
2年前にリリースされたエジプトはアンコールでちょびっとやっただけ、あとはそれ以前の曲、さてユッスーは次はナニを目指すのだろう、見えてこなかったことがちょっぴり寂しい。
| 犬楠 | 10:44 | comments(1) | trackbacks(17) |
サカキマンゴー ライブin富山
富山のスキヤキミーツザワールドというイベントに出かけたら、サカキマンゴーのライブをやっていたのでお金払って見てきました。
スキヤキでお金払って見たステージはサカキマンゴーだけ。無料のステージでも結構面白いバンドあったけどね。
サカキマンゴーのこないだ出たアルバム=リンバトレイン聴いて、ん?こんなの屁垂れの環境音楽じゃねえか、とこのブログでも酷評したワタクシでありますが、関西人としてはやはりステージくらい見ておかねばね、と思ったのだが、、、

ステージ始まる、ベースいいジャン、パーカッション上手いジャン、、、サカキマンゴー演奏する、歌う、、、ちょっとお酒の入っていた私はなんと立ったまま寝てしまった(@_@;)

| 犬楠 | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
コノノNo.1ライブ
河内長野世界音楽祭でコノノNo.1を体感しようと思っていたのだが、直前になってチケットを買いに行ったところ、ソールドアウト(T_T)
そんなにコノノNo.1に人気があんのか?と思ったのだが、後の祭り
本当に無念
| 犬楠 | 10:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
ユッスー・ンドゥール来日公演
ユッスー・ンドゥール来日公演、どうしようかなあ東京だけだし、なんで関西に来ないんよ(T_T)

と思って悶々とした日々を過ごしていたのですが、去年もほとんどライブ行ってないし、ユッスー・ンドゥールの生ステージを見る機会だってこれから先あるかどうかわかんないし、、、

東京くらいなら行っちゃえ!

と一大決心をして出かけることにしました
チケットも既に予約、日曜日のステージの分ですけど

ユッスー・ンドール来日公演の詳細は下記よりどうぞ
<セネガルのスーパー・スター / 大地の声>
ユッスー・ンドゥール

日時:8月5日(土) 19:00開演 , 6日(日) 17:00開演
会場:昭和女子大学人見記念講堂

ああ楽しみ(^^♪
続きを読む >>
| 犬楠 | 13:16 | comments(2) | trackbacks(205) |
ガーナがんばれ!
W杯が始まると何故かアフリカ勢の活躍が気になります

前回の日韓大会では開会式のセネガルの活躍が忘れられませんね、実はスタジアムで見てました、感動した試合でしたね、
前回のW杯は自国開催ということもあって必死になってチケットをゲットし、フランス=セネガル、サウジアラビア=カメルーン、ドイツ=カメルーンとアフリカからみの3試合を追っかけてスタジアムで見たのですが、カメルーンが前評判ほど強くなく、がっかり。前回大会ではセネガルの健闘が光った大会でした。

今回大会ではドログバ率いるコートジボワールは既に敗退、トーゴも既に敗退、チェニジアはブラックアフリカでないので対象外、残る希望の光は、ガーナ!でも地味なチームだなあ、優勝候補チェコ相手に2-0の堂々たる戦跡はいいけど、どこかの島国代表みたいに決定力不足がありあり、
現代サッカーのように組織戦術が個人の選手の力以上に求められると、アフリカ勢の身体能力だったりスピードだったり、ガッツンといくパワーがキラキラっとピッチに映える瞬間が楽しくて試合見てるようなもんなのですが、今回はそんな試合見られないかなあ、
とりあえずの注目カードは22日のガーナ=アメリカかな

今までの私のベストゲームは、トリニダードトバゴ=スェーデン戦
強いといわれていたスェーデン相手に10人でゴールを死守したトリニダードトバゴの選手と10人になった段階で攻撃のメンバーの枚数を増やした監督の手腕に驚き、トリニダードトバゴもカーニバルが盛んな国、
そういえば今回のW杯では応援の太鼓の音が聴こえてこないけど、ドイツでは持ち込み禁止にしているのだろうか
日韓大会ではジャンベやらジュンジュンを持ち込んでるアフリカ人のサポーターもいたのになあ、少し寂しい感じ

番狂わせもグループEくらい、結構順当な感じかな、どっかの代表も含めて
やっぱヨーロッパ開催のW杯だけに、勝つべきところが勝ってるよな
続きを読む >>
| 犬楠 | 19:52 | comments(1) | trackbacks(2) |
アフリカ音楽の黄金時代〜西アフリカ編
うーん、西アフリカ編かあ、食傷気味かも、、というアナタにオススメのアルバム
こんなにも西アフリカのポピュラー音楽は豊潤だったのか、と認識を改めたワタクシでございます
ここのところアフリカモノの新譜はなかなか出ないケド、こういうアルバムで我慢我慢


Golden Afrique, Vol. 1Golden Afrique, Vol. 1
アフリカ音楽の黄金時代〜西アフリカ編


先に紹介したアフリカ音楽の黄金時代〜コンゴ編とセットで買ったのですが、なんとなく聴く気にならなくって、ズーっと放置プレイ状態だったのです。
だってレイル・バンドやら、ユッスー、サリフ・ケイタの過去モノって3〜4年前にコレでもか!って程販売されて、そりゃ買いましたよ(^_^;)
あれ以上のモノ、コンゴ編以上のモノが西アフリカ編で期待できるかよ、と思っていたのです、聞く前はね。コンゴに比べると、パッションが足らないからなあ、西アフリカの音楽はなああ、

で、聴いてみたらコンゴ編に勝るとも劣らぬ出来の良さ、いかにも西アフリカっぽい音楽〜ルンバ〜ジャズっぽい曲、具体的にはベンベヤ・ジャズ〜オルケストラ・バオバブ〜若き日のユッスーにサリフ・ケイタ。
偏見持っていたけど西アフリカのポピュラー音楽ってとても豊潤だったのね、と改めて関心。選曲がいいのでしょうけどね。唸りますよ。

これも満足感の高いお買い物でした(^^♪

ダンサブルな曲が多くて聴き易いアルバムなので、アフリカ音楽のポピュラー音楽に初めて接して見ようと思われる方にもオススメできるアルバムかもしれません。

Amazon.co.jp紹介ページへ(日本版)→アフリカ音楽の黄金時代〜西アフリカ編

Amazon.co.jp紹介ページへ(輸入版)→Golden Afrique, Vol. 1
| 犬楠 | 14:44 | comments(19) | trackbacks(0) |
アフリカ音楽の黄金時代〜コンゴ編
フランコ、パパ・ノエルの楽曲に思わずうっとり
密度が極めて高い楽曲たちに出会えて幸せ(^^♪

Golden Afrique, Vol. 2Golden Afrique, Vol. 2
アフリカ音楽の黄金時代〜コンゴ編


ここのところアフリカものに良いアルバムが出なくって、非常にフラストレーションがたまっていた私ですが、久々にこりゃ良い買い物!といえるアルバムに出会えて満足してます。
アルバムタイトル通り、再販ものですがコンゴでいえばルンバミュージックが勃興する以前のOKジャズ周辺の良質な音源、1980年代を中心のラインアップですが、少しも古さが感じられない、というか私はコンゴのオンガクが本当に好きなんだなあ、と改めて実感できました

ちょっと高めですけど、いい買い物でした(^^♪
| 犬楠 | 13:56 | comments(6) | trackbacks(0) |
ステイディアム・アーケイディアム  レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
ジョン・フルシアンテの変幻自在のギターを聴け!
アンソニーの味わい深いボーカルを聴け!
レッチリの新作は2枚組28曲の大作ながら、飽きさせない内容です

Stadium Arcadiumステイディアム・アーケイディアム
Stadium Arcadium
レッド・ホット・チリ・ペッパース
Red Hot Chili Peppers


レッド・ホット・チリ・ペッパース略してレッチリ(こういういい方してるのは私の周囲だけかも?)の4年ぶりの新作、
ん?おのれはワールドミュージック好きなんではないんかい?
という野次が聞こえてくるような気もしますが、まあいいじゃないですか
ちょっと新しいもの買っちゃおう、と思って買っちゃいました

紙ジャケのCD開けると、1枚目がJUPITER(木製)で青い印刷、2枚目がMARS(火星)で赤い印刷
1枚目と2枚目ではテーマが違うのかなあ、と思いきや、ほぼ内容的には同一あまり変化はありません

全体を聴いた感想は、やっぱレッチリはジョン・フルシアンテ

レッド・ホット・チリ・ペッパースの最高傑作は誰がなんていったって
Blood Suger Sex Magic
私ってば、何だかんだ言ってファンクでゴチャゴチャなオンガクが好きなのね、今でも時々聞いてます

続きを読む >>
| 犬楠 | 18:00 | comments(2) | trackbacks(1) |
リンバ・トレイン サカキマンゴー
ビビリ音がきちんと入っていながらも、どことなくフュージョンっぽい
日本人って真面目で器用なんだなあ、と妙に納得してしまったアルバムです


リンバ トレインリンバ トレイン
サカキマンゴー


プレイヤーに乗っけて、しばらく聴いて居ました
ああ、コレ結構イケてるジャン、ビビリ音もちゃんと出てるし、、ウンウン

しかし、10分も過ぎないうちに、ココは歯科医の待合か?と思ってしまった私

サカキマンゴーさんの音楽をあれこれ言う気はないのですが、とてもソフトなのですね、うん、ちょびっと綺麗すぎるのですね
イリンバの技術も音も申し分なくて、不満はないんですけど、ノリがねえ(^_^;)

紙ジャケのCDのウラにはサカキマンゴー氏がリンバ(親指ピアノ)に対して、
シンプルなフレーズを10分間でも繰り返し弾けば、白眼をむいてとなりの世界へ足を踏み入れること間違いない楽器
と言うコメントを残してますけど、そこまで判ってるんだったら、なんで私達をそこに連れてイってくれなかったんだあ、、と思ってしまった私。

でも近くで結構ライブ活動をされているようなので、そのうち聴きにいくと思いますけどね

Amazon.co.jp詳細ページへ→リンバ トレインリンバ トレイン サカキマンゴー
| 犬楠 | 21:06 | comments(0) | trackbacks(3) |
| 1/16PAGES | >>