Google
Web セカイノオンガク
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< ミュージックマガジンのダブり買いの巻 | main | ケケレ キナヴァナ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
ライブ・イン・アジス イーザー/オーケストラ
これぞワールドミュージック!
と中村とうよう氏は絶賛したが、、

Ethiopiques, Vol. 20: Either/Orchestra Live in AddisEthiopiques, Vol. 20: Either/Orchestra Live in Addis

このブログでも何回か取り上げたエチオピアシリーズ第20弾
とはいえ、今回は発掘音源のリイシューではなく、アメリカはシカゴでエチオピアのジャズに影響を受けたイーザー/オーケストラというビッグバンドが、2005年1月に行われたエチオピア音楽祭に参加した模様を2枚のCDに収めたライブ盤です。
エチオピア音楽が旬な時期はとうに過ぎ、現在はとっても下火だそうなのですが、このエチオピアシリーズには本当に宝物のような音源が沢山発掘されていて、私も何度も興奮しながら聞いたことがあります。
私が最近もっとも盛り上がったのは、アルトサックスのゲタチュウ・メクリアを特集したアルバム。そのゲタチュウがゲストで参加している、というので買っちゃいました。勝手に故人だと思い込んでいたので、まだサックス吹いてることが単純に嬉しかった、ということもありますけどね。

CDの一枚目は、まあこんなもんかなあ、それにしても聞いたことのある楽曲が沢山でてくるなあ、多分結構リイシューシリーズの中の曲が含まれてるんだろうなあ、、
二枚目、うおー、ゲタチュウ登場!
気分的にも盛り上がるぜ、うおー、ゲタチュウ最高!

という内容のアルバムでした。

わかっちゃいるんだが、例えばNYでアフロビートやってるアコヤとかアンティバラスと本家フェラ・クティとかフェミ・クティのアフロビートと聞き比べたときとおんなじかそれ以上の違和感があるんだよなあ。
アメリカで白人がアフリカ音楽やってるって行為が評価されてるように見えちゃって、なんかなあ。
こんなこという奴はへそ曲がりかなあ。

Amazon.co.jp→ライブ・イン・アジス イーザー/オーケストラ紹介ページ
Amazon.co.jp→エチオピアン・サックスの帝王/ゲタチュウ・メクリヤ紹介ページ


| 犬楠 | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 19:43 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sigepon.jugem.jp/trackback/158
トラックバック