Google
Web セカイノオンガク
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< ケケレ キナヴァナ | main | ガーデン・ルーイン キャレキシコ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
映画『ホテル・ルワンダ』
週末に近所の映画館で見てきました。
映画のストーリーはホテル・ルワンダの公式サイトに詳しいので、そちらを見ていただくとして、私の感想を書きましょう

ルワンダでツチ・フツの民族間の抗争から大量虐殺が起きた話は当時のNスペなどで見てましたから、多少の知識はあったのですが、ツチ・フツの民族を聴いてビックリしました。
ベルギー人による植民地支配のおりに身体的特徴から、人々をフツ、ツチの二つの民族に分け植民地支配を行っていたこと、植民地支配が終わった後にも二つの民族は民族間の抗争を繰り返していたこと、それが大量虐殺事件に繋がったこと。
映画を見ているとこの辺の話がちょっぴりだけ触れられてますが、アフリカの植民地支配はどこの国でもこんな調子だったらしいですね。酷い話。

映画そのものは、ハリウッド映画らしい映画だなあ、という感想ですけど。見ておいて損は無い映画かなあ。
ホテル・ルワンダリンク集
「ホテル・ルワンダ」公式ページ
『ホテル・ルワンダ』日本公開を応援する会

ルワンダ大量虐殺をもっと知るための本
ジェノサイドの丘〈上〉―ルワンダ虐殺の隠された真実
フィリップ ゴーレイヴィッチ, Philip Gourevitch, 柳下 毅一郎
| 犬楠 | 11:20 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 11:20 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sigepon.jugem.jp/trackback/161
トラックバック
映画で学ぼうENGLISH;Let's open your books to page 1≪イン・ハー・シューズ≫
こんにちは!もうすっかり春ですよね。ということもありまして、何か新しいコナーをと思いはじめたいと思いますね!映画の中ではとても印象深いシーンというものがありますよね。そんなシーンの一節を取り上げて見たいなあと思います。 s記念すべき1ページ目は≪イ
| 春夏秋冬HOBBY三昧 | 2006/04/09 1:46 PM |