Google
Web セカイノオンガク
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
ジョゼフ・ンコシJOSEPH NKOSI 生音ライブ!参戦記
家を出る前から不穏な空模様。連日の仕事で疲れている不機嫌なパートナーとあわや大喧嘩になりそうになりながらもお互いぐっとこらえて出発。
高速を降りてから道に迷いに迷い、到着したのはライブ開始予定を30分もオーバーしていた。おまけに小雨。ライブははじまっていなくて、駐車場ではンコシさんが楽器をいじっていた。
続きを読む >>
| 犬楠 | 12:56 | comments(0) | trackbacks(1) |
トランスヨーロッパフェスから無事生還
行く前から「あんな濃いバンド3つも見て身体もつやろか?」と思ってましたが無事生還しました。一日過ぎた現在は身体がだりーのとブラバンの音が頭の中でくらくらしてる程度でしょうか。日常生活を続けられそうです。
続きを読む >>
| 犬楠 | 13:31 | - | trackbacks(2) |
バ・シソコ LIVE IN スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド
バ・シソコBa CISSOKOはギニアGUINEAの若手音楽家。
彼を中心としたユニットが繰り広げるのは、コラを中心とした東アフリカの伝統音楽をベースとしながらも、疾走感のあるサウンドを創出している。

ということで見に行ってきました。
編成はコラが2台、パーカッション(ひょうたんをひっくりかえした奴とジェンベ、トーキングドラム等)、エレキベースの4人。
はじまって2曲目くらいで帰りたくなった、のでとりあえずトイレに行き、帰ってきてからはステージから遠く離れたところで聴いてました。
最後の方は確かにものすごい疾走感、アンコール前にはドゥドゥファミリーのひとりがステージにあがりジェンベのセッションと、少し盛り上がってました。
私的にはアレンジが効き過ぎている彼らの音楽に「?」、かなり不満が残るステージでした。おそらくクラブシーンでも耐えられるような音作りを目指していたんじゃないかと思うのですがね、欧米での受けを狙いすぎてるんじゃないのかなあ。音量もでかくて、とても疲れました。パーカッションのテクは唸るくらい見事でしたけど。
終わっての感想。例えば彼らがギニアでステージをやった場合、ギニアの観客はどんなふうに盛り上がるのかなあ、この日の観客も立ってはいたけどみんな腕組みしてたもんねえ。ということでライブの感想は^_^;

彼らのアルバムSabolanも購入しようかと思ってましたが、ライブ聴いて取止めちゃいました。

| 犬楠 | 11:59 | - | trackbacks(0) |
<< | 2/2PAGES |